自分でも出来るまな板のお手入れ

使用後のお手入れ

まな板のお手入れで最もベストなのが、やはり終わったらすぐ洗うということではないでしょうか。
使った後はこまめに洗い流す、この手間をするだけできれいなまな板を保てます。

一言ですぐ洗うと言っても、まな板上で切った食材によって対応は変わっていきます。
まず野菜の場合ですが、切り終わってすぐにささっと流して拭くだけで汚れは取れていきます。
もし色の濃い野菜を切った場合は、色素を洗い流すため念のため洗剤で洗うほうがよいでしょう。

そして肉や魚の場合は、洗剤で丁寧に洗うようにしておきましょう。

洗い終わったら、なるべくすぐに乾いたふきんで水気をよく取って、自然乾燥させます。
その際に、作業面が下に触れないように気を付けておきましょう。

長持ちさせるには

思い切って購入したまな板は、なるべく長く使いたいという方もいらっしゃるでしょう。
少しでもまな板を長持ちさせるにはどうするのがいいのでしょうか。
まな板の使い初めに水をかけ、軽く拭いてから使いましょう。
まな板の表面に水の膜ができることで汚れがつきにくくなります。
一番よい方法は、野菜用と肉、魚用でまな板自体を分けて使用していくことです。
この方法であればまな板の劣化もそんなに進みませんし、衛生面でも安心できます。
しかしそうするには、何枚かのまな板を持っておく必要がありますが、それが難しい場合は、裏表で使い分けてみるのも一つの手です。

もし、ちょっと変わった裏ワザを使ってみたいのであれば、レモンや塩をまな板にこすりつけてみましょう。
そうすると、まな板の表面の傷の中の汚れが取れていきますのでおすすめです。



TOP