まな板にはこれだけの種類が存在している

現在存在しているまな板の種類

気が付いたらどんどん増えてきているまな板の種類ですが、今現在存在しているまな板の種類はどのようなものがあるのでしょうか。

今の主流とされているのがプラスチック製です。
このタイプは軽くて安いのですが、すぐに傷ついたり包丁も傷みやすくなったりしてしまいます。

次は、最近増加傾向にあるゴム製です。
このタイプは水切れもよく傷も付きにくいのですが、思ったよりも重いし熱にも弱いです。

そして、昔ながらの木製があります。
昔から使用されているというのもあるのでしょうか、包丁もなかなか傷みませんし比較的長く使えます。
ただ、お手入れが結構大変です。

このように、いろんな種類のまな板が出回っていますが、だいたいの人が定番の木製に戻るということがよくあります。

選ぶポイント

今お店にあるのだけでも、いろんな種類のまな板が存在しているのがおわかりだと思いますが、いざ自分が購入するとなったら、どの部分に注目して選んでいくのがいいのでしょうか。

まずよく挙げられるのが、弾力性と柔軟性と刃当たりの良さです。
これらはどれも食材を刻んでいくのに重要なポイントになっています。
お手入れの際に水切れが良く、尚且つ乾きも早いというのも大事なチェックポイントです。
それだけでも、まな板の劣化をできるだけ防ぐことが可能です。

さらには、抗菌性が高いのも見逃せません。
特に気温が高い季節には、抗菌できることが重要になってきます。
ちょっとでも長く使うために、耐久性があったり、反ったり歪んだりしていないというのもよく確認しておくとよいでしょう。



TOP