試してみよう!まな板をきれいに保つお手入れ方法

まな板の由来

そもそもまな板とはどういうものなのか、みなさんは説明できるでしょうか。
元々は真魚(まな)という子どもの魚を調理するのに作られていたので、「まな板」という名前が付いたとされています。
大まかな特徴をお話しますと、肉や野菜といったいわゆる食物を切り刻む際に使用する板のことです。
主には木製のものが多く存在しています。

まな板が出始めたころは、魚用と野菜用と分けるために机のように脚が付いていましたが、いつの間にかなくなっていました。

また当初はまな板も一種類になっていましたが、室町時代ごろに料理の流派が生まれていき、それと同時にまな板はその流派を象徴するための道具になったので、いろんなタイプのまな板に分かれていきました。

どんな歴史があるか

まな板にはどんな歴史が存在しているのでしょうか。

まな板自体は元々中国にて生まれたものが、そのまま日本に伝わって来たとされています。
最も古い記録では、弥生時代に発見されていました。
ちなみに、日本では長方形のまな板が主流ですが、中国など他の国では丸い形も存在しています。

弥生時代でのまな板の使われ方ですが、料理だけでなく供え物の台としても利用されていました。
また当時は座って料理を行っていたとも言われているので、脚が付いているのはその流れだったのではないでしょうか。

ところで、まな板を主に使用するのは東アジアの国々ですが、ヨーロッパ諸国など他の国ではカッティングシートというお皿との併用が可能なものをまな板として利用していることが多いようです。



TOP